« 冬季オリンピック | トップページ

2014年2月24日 (月)

タイムカード

タイムカードの打刻って、そのための用紙やタイムスタンプの機械を導入したりと、今のこのディジタルの世界には時代遅れだと思って、色々探してみた。

思いっきりランニングコストを下げたいと思い、「無料タイムカード」で検索(w

http://www.bit-drive.ne.jp/information/info_20130718.html?cid=goog_005&mk_type=6&gclid=COHyyam54rwCFYUhpQodsjEAYQ

SONYから出ているタイムカード。

しかしこれはAndroid系タブレット用に開発されたもの。デザインは良さそうなんで、タブレットメインだったらこれを使いたいな。

次に出てきたのがこれ。

http://keitai-timecard.com/?gclid=COvPyYW64rwCFcFhpQod1jAA5g

フリーウェイタイムカード

これはパソリ(Felicaカードリーダー・ライター)を使って行うもの。これだけはAmazon等で購入してくださいと書いてある。調べてみると2,780円で販売されていた。

スイカなどのカードをかざすだけで打刻するタイプだ。

将来的にSONYのほうを使うにしても、パソリを転用できるな。

これさえあれば、ピコっとタイムスタンプできるというもの。

さっそく申込み手続きをしてみた。

申請すると、登録したメールアドレスにログイン情報などが送られてくる。

添付に「勤怠データ変換ツール」なるエクセルのファイルが付いてきた。開いてみると、そこにメニューがある。なんとも変わったシステムだと思った。

普通はログインするための画面がパソコン上に出てきて、そこからメニューに行くみたいな作りになってるはずなんだが、パソコン側はあくまで打刻の画面。下のほうに「管理ページログイン」のボタンがあり、そこで色々設定をする作りになっている。

Timecard

カード設定画面

Photo

カードリーダーを色々な場所に設置して、その場所ごとに 場所を設定しておけば、そこで打刻したという記録が残る仕組みだ。

スタッフ管理画面

Photo_2

ここで社員番号と名前を登録する。

んで、実際に打刻させるにはリーダーライターが必要だが、直接時刻を入力することもできる。

勤怠管理画面

Photo_3

打刻したデータを、エクセルのメニューから動作させると、エクセルの表が作成されるという仕組み。

こんなふうに出てくる。

Photo_4

集計などはこのエクセルで行うわけだが、いったいどういう仕組みでやってるんっだろ。

この結果を勤怠表に貼り付ければ出来上がりだ。

CSVに出力させることもできるので、色々とデータを使い回しできる。

10名まで無料で使うことができるという事で、ほんとうにローコストで運営できそうだ。

|

« 冬季オリンピック | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2011543/55112458

この記事へのトラックバック一覧です: タイムカード:

« 冬季オリンピック | トップページ